Orbray株式会社(旧アダマンド並木精密宝石)ブログ。技術のトレンド、製品のワンポイント、SDGsなどについて紹介していきます。

時計部品:「匠の技」の結晶~世界初の人工ダイヤモンドパーツ~

時計部品:「匠の技」の結晶 ~世界初の人工ダイヤモンドパーツ~
   最終更新日:    公開日: 2021/06

OrbrayグループとLEMOグループは、その歴史、組織、価値観、風土に多くの類似点があります。OrbrayグループとLEMOグループは共に家族経営の会社であり、いつも社員を中心に、そして歴史、製品、技術がそこにあります。特にLEMOグループは、ユニークな市場にサービスを提供し、ビジネスの成功の鍵である品質、信頼性、革新、勇気、情熱を全て持ち合わせているどちらも素晴らしい企業です。 LEMOグループとOrbrayは、さまざまな製品やプロジェクトで長年パートナーであり、常に最終顧客に最高のものを提供するよう努めています。

イノベーションと創造性は、オープンマインドかつユニークな考えを持っている社員が集まるときにたびたび起こります。人々に付加価値をもたらす新しいものを生み出すことを目指し、時には奇跡が起こります。
2018年10月 両社の志を同じくする者たちが集まり、新たなるプロジェクトD(DIA)の始まりとなりました。LEMOグループのRebellion社 CEO Calim Bouhadra氏と当社のCEO並木が東京にてミーティングを行いました。
Rebellion社は、モダンで高品質なスイス製高級時計製造会社です。またFIA世界耐久選手権で競合TOYOTAチームとトップを争うRebellionレーシングチームを有していることも世界的に有名です。

きっかけは当社が最先端技術である半導体用基板となる大口径の人工ダイヤモンドを紹介したことからです。
この人工ダイヤモンド(KENZAN DIAMOND)は世界最大径であり、最高の純度であり、天然ダイヤモンドと同じく驚くべき特徴をすべて網羅しています。たとえば、輝きを放つ光学特性、硬度、比重、耐久性、化学的安定性などの物理特性を有しています。この大口径の人工ダイヤモンドを用いて、腕時計の一部品として使用されること、かつRebellionブランドに相応しい究極のアイデアに到達するのは、少なからず時間と創造性が必要となりました。
スイス高級腕時計の最も象徴的な価値ある機械的要素の1つはトゥールビヨンです。そして素材として軽く、硬いために加工が難しく、でも究極の美しい素材は、唯一ダイヤモンドです。
Orbrayの技術とRebellionの革新的な考えで、創造のチャレンジが開始されました。それはラボで育成された人工ダイヤモンドで、世界初で唯一のトゥールビヨンを作成することです。

美しいものづくりに向けての課題

最初の課題は、2社のエンジニアの間で、それぞれの知識を組み合わせてトゥールビヨンケージの要件を定義することでした。サイズ、厚さ、硬度、比重、弾力性などの要素について話し合い、分析し、最適化して、可能な限り最高のものを追求する必要がありました。美的観点からだけでなく、時計は、スイスの時計製造の最も厳しい基準に照らして検証する必要がありました。したがって、機械的な正確性のみならず、全てにおいて緻密である必要がありました。

共同チームは、マーケティング部門と共有する最初のドラフトを作成し、それをよりユニークかつ魅力的な製品にするために、いくつかの変更を加えました。両社トップマネジメントのサポートは、非常にタイトなスケジュールの中での先進的なプロジェクトにとって最も重要な側面です。時計はその年のバーゼルワールドにて発表する予定でした。つまり、わずか3か月しかなく、2月までに人工ダイヤモンドのコンポーネントを仕上げて納品し、テストする必要がありました。 プロジェクトDは、あらゆる面で深く考え、議論し、ローザンヌ、東京、秋田、ロネイの定期的な会合が成功の鍵となりました。

時計にダイヤモンドパーツを搭載するテストの前日、別の課題がスイス税関から来ました。素材(ラボで育てられた人工ダイヤモンド)の部品は、問題なく通関できると思っていましたが、予想以上に通関に時間がかかりました。これは、あらゆる側面を考慮する必要がありました。素材が未知のものだったので、製造と研磨、出荷、組み立て、材料の適合性、評価テスト、クロノメトリー、美的…多くのことがうまくいかない可能性があり、プロジェクトチームの問題解決スキルは限界まで試されました。この信じられないほどのベストな共同作業は、念願だったバーゼルフェアにて、世界初の人工ダイヤモンドをトゥールビヨンケージに搭載したモデル「WEAP One」として、Rebellionブースにて、初お目見えすることが叶ったのでした。そしてこの結果、フェア会場では来場者からは予想以上の反響があり、プロジェクトD関係者からは、全員、満面の笑みがあふれたのでした。これはプロジェクトDが成し得た「匠の技」の結晶でした。


               
   

お問い合せは下記フォームに入力し、確認ボタンを押して下さい。

   
                   
   
TAG
タグ
5G DCコアレスモーター IoT MEMS MEMS技術 SDGsの取り組み インタビュー エナジーハーベスティング コアレスモーター サファイア セラミック ダイヤモンド ダイヤモンド基板 フェムト秒レーザー フェルール ブラシレスモーター マイクロ波 ルビー レコード レコード針 レーザー加工 ロボット ロボットアーム ロボットハンド 光コネクタ 光ファイバ 光通信 内径測定 医療 半導体 協働ロボット 小型モーター 手術 振動発電 測定器 測定機 無線 無電源 環境発電 産業機器 真円度測定 精密ノズル 腕時計用外装部品のはなし 腕時計部品 蓄音器
Pagetop